2016年8月9日火曜日

MUSES班 班長総括

こんにちは!
MUSES班班長チャーリー須藤です。

高校生の皆さん、きみっしょんお疲れ様でした。あっという間の5日間でしたね。。
帰り際に「家に帰るまでがきみっしょん」と言いましたが、みなさんもこれで晴れてきみっしょん卒業といったところでしょうか?

スタッフは特別公開からきみっしょんへの怒涛の数週間の疲れを癒しつつ、各々の研究生活を再開している所です。
みなさんもきみっしょんが終わって、燃え尽き症候群になんてなってませんよね?!
みなさんの夏はこれから!宿題に部活に遊びに、ぜひ青春を謳歌してください!!

それではこの記事では、僕から①院生スタッフ紹介、②高校生紹介、③ミッション作成の流れ、④最後に、と分けてきみっしょんの5日間を総評したいと思います!!

①院生スタッフ紹介
それでは初めに、MUSES班の院生スタッフを改めて紹介します!
とても賑やかだったMUSES班、期間中にはMUSESスタッフがうるさいと事務局から毎晩クレームを頂いておりました。。笑
別に僕がうるさい奴を集めたわけではありませんよー。きっと高校生のみんなのフレッシュさに感化されて自然とこうなったんです!!
賑やかなのは仲の良さの証!それでは順番に紹介していきます!!

チャーリー(班長) とSOLAR班長 井出(左)
いわずと知れた班長チャーリーです。好きなものは蕎麦と磁場!!
期間中何人かには言いましたが、実は大学では小学校教育を専門にしていました。図工とか得意です。

パパ(副班長)
何を言っても仏のように笑って許してくれるパパ。まさにMUSES班のお父さん的な存在でしたね。
そんな彼はMUSES班の副班長として、辛い時も苦しい時も班長チャーリーを支えてくれました。
まだまだ若々しい25歳!!

みるくちゃん
みんな大好きみるくちゃん!MUSESのみならずきみっしょん全体の人気者でしたね。
写真はみるくちゃんとその自画像。
高校生に第一印象を聞いてみたところ、実は一番怖そうと思われていたとのこと。。たしかに一見強面ですよね。
しかしながらきみっしょん大ベテランのみるくちゃんは、MUSES高校生・スタッフみんなの心の支えでした。

いっくん
一人だけものすごくキマッた写真を撮っていたいっくんさん!!
いつも落ち着いた態度で正確なアドバイスをくれましたよね。MUSESのお兄さん的存在

こじたく(右下)
決して少年の心を忘れない男こじたく
写真はエッグランダーで本気を出して1位を奪取し、満面の笑みを浮かべるこじたく。笑
専門は天文学!僕と二人で数少ないMUSES班の理学アドバイザーを務めました。

A(エース)
MUSES班のムードメーカーA!!
MUSES班がうるさい賑やかで素晴らしいと言われた理由の4割くらいは彼だったんじゃないでしょうか。笑
彼がいたおかげで、高校生も緊張することなく和気あいあいとミッション作成をできたと思います。
ミッションの具体的手法を考える上では彼のローバー知識が光りましたね。
ミッション作りからムードメーカーまで、MUSES班に大きく貢献した立役者ですね。

しゃちょー
きみっしょん期間中、いつも冷静に議論を眺め適切なアドバイスをくれていた....はずですが、
「MUSES班のから回っている人トップ3」にランクインしてしまった不遇のしゃちょー。。笑
男子諸君は彼の一発芸も見ましたね。あれがしゃちょーです。笑
ユーモアと冷静さを併せ持った男しゃちょー、ありがとう!

したん
騒がしさに定評のあるMUSES班にいながら、最後まで冷静さを失わなかった男したん
彼はなんときみっしょん直前まで北海道にいたところを、そのままきみっしょんに参加してくれました!
期間中もちょこちょこ大学や研究室ときみっしょんを行き来もしていました。
ある意味MUSESで一番タフな奴だったかもしれませんね。笑、ありがとう!

ひびと(真ん中)
MUSES班のムードメーカーその2、ひびと!!
Aとのコンビネーションが冴えわたっていましたね。笑
実はきみっしょん期間中かなりの体調不良に苦しんでいましたが、高校生にそんなことも悟らせずにずっと一緒にいてくれました。
彼の体調が万全だったら、MUSES班の活気はよりすごいものになっていたでしょう。笑

ぐっちー
一言一言のコメントの切れ味が鋭かったぐっちー
彼もさすが関西組。ツッコミのセンスが素晴らしく、いつもみんなを笑わせてくれましたね。
そして写真はものすごくクリエイティブ。笑 どんな指導を二人にしているのでしょうか。
彼も忙しい中ほとんど毎日ミッション作成を支えてくれました。ありがとう!

たんちゃん
そして最後は最年少かつ紅一点たんちゃん
とても字が綺麗で、優しいお姉さんとして高校生たちをいつも見守ってくれましたね。
写真は女子会かな?ほんわかしていてうらやましい。笑

②高校生紹介
それでは次は高校生紹介です。

ぱやお
良い写真ですね。笑 これ以外にも何気に良い写真が異常に多かったぱやお
院生スタッフからは弟のようにかわいい存在として大人気でした。笑
しかしながら言うべきことはしっかり言うぱやおは、いつも鋭い意見を班全体に投げかけてくれましたね。
高校1年生でありながら、議長を任された時の"やるときはやる男感"は素晴らしかったです!
お疲れさま!ぱやお!!

まよ
MUSES班高校生唯一の関東出身まよ!院生、高校生合わせて関西組の押しの強さに終始圧倒されていましたね。笑
しかしながら生命探査に強い情熱を持つまよは、誰よりも生命探査ミッションの意義を必死に考えてくれました。
高校1年生とは思えない鋭い発言には、正直院生もびっくりしていました。。
自分のことだけではなく、いつもMUSES班全体が正しい道に進めているのかを気に掛けていたまよはきっと良いリーダーに成長すると思いますよ!!

さむ
MUSES班の技術屋さむ
明るい性格でいつも笑って話を聞いてくれるさむには、院生スタッフも元気を貰いっぱなしでした。
ミッション作成では初日から議長のトップバッターとしてリーダーシップを発揮してくれましたね。
あの時の明るく見事な議論のさばき方がMUSES班の5日間の流れを作ってくれたと思います。
高校1年生ながら、論理的に自分の意見を皆に伝えることもでき、終始頼れる存在でしたね。
器用でリーダーシップのあるさむは、きっと素晴らしい科学者・技術者になれるよ!!

ばっしー
MUSES班の元気の源、宇宙大好き少女ばっしー!!
どんなに朝が辛くても、朝からニコニコしているばっしーを見ると今日も頑張ろうという気持ちになれました。笑
議論中には、柔軟な発想で他のメンバーが思いもつかない意見を言ってくれるのがばっしーでしたね。
固く煮詰まってしまいがちな議論を柔らかくするとても大切な役目を担ってくれました。
そして何よりリュックにつけている宇宙飛行士型の定期入れが可愛かったですね。笑 僕も欲しいです。

のむけん
MUSES班のお兄さん的存在のむけん
チキン南蛮大好き!水泳もできて科学に関する知識も一番持っていたスーパーマン!
さすが2年生、議論がおかしなところに行きそうなときに冷静にストップをかけてくれるのがのむけんでしたね。
ミッション作りではいつも納得するまで考え抜き、MUSES班のミッションをより深いものへと導いてくれましたね。
特に「MUSES班のミッションを本当に宇宙でする意味があるのか?」 という投げかけには脱帽ものでした!!
そして何気に手先も器用で絵も上手いのむけん。笑 その多才さで日本の宇宙科学を切り開いてくれ!!

いねちゃん
高校生側のムードメーカーともいうべき存在、いねちゃん!!
バイオリンの話やアメリカの話など、とても面白い話でMUSES班の雰囲気を明るくしてくれました
特に誰よりも院生のジョークに対して笑ってくれたので、いねちゃんのおかげで院生も自信をつけることができました。笑
しかし、面白いだけではなく人の意見をまとめるのが得意ないねちゃん。書記が本当に上手でした!
みんなの意見を理解して、それをわかりやすくアウトプットする能力はMUSES一だったと思います。

③ミッション作成の流れ
それではここからは、きみっしょんの5日間を振り返ってみましょう!!

<1日目>
みんなで淵野辺駅に集合

5日間の始まりは、淵野辺駅での集合から!
みんな集合よりもかなり早く集まって、幸先の良いスタートを切りました。


宇宙科学研究所に着くとさっそくきみっしょんからお土産!!院生も欲しい!いいなー。


全体でのオリエンテーションが終わると、まずはみんなと院生の緊張をほぐすためにアイスブレイクをしました!
Aとぐっちーの考えてくれた「質問ゲーム」でみんなニコニコ。


お次はこじたくからブレストの説明!




実際に「カレー」をテーマにやってみると、カレーパンマンやらカレー菌やら分類に困るワードも。。
アイスブレイクに続いて楽しい時間になりました!


そしてとうとうミッション作成開始です!
まず初めに、宿題「おすすめの探査ミッション調べ」の発表から始めました。
6人中3人が「SELENE-かぐや」ミッションでした。みんなかぐやが好きなんだね。。



その後は、宿題の結果をもとにMUSES班のミッションの目標決め!!
「生命探査」「有人・移住」「宇宙の起源」の3つについて、達成したときのメリットと現在までにどれだけミッションが行われてきたのかを調べました。



最初のミッション作成時間が終わるとお待ちかねの夕食タイム!!
初日はブレストのカレー!!.....ではなくビーフシチューでした。。笑

初日から食欲旺盛、ケーキをおかわりの二人


そして食後の「共通点探しゲーム」ではなんとMUSES班が優勝!!
まよの最後の問い「地球儀を持っている人」が神がかっていましたね。。


その後、就寝前の議論でMUSES班のテーマは「技術応用および移住のための生命探査」に決定しました。
初日から素晴らしいチームワークを見せて、幸先の良いスタートを切った1日目でしたね。

<2日目>


きみっしょんの2日目は、どこで・何をするか「ミッション内容」を考えることからスタート!


みんなで惑星と生命について調べ学習をして、「エウロパ」「エンケラデュス」「タイタン」のどれかの惑星がよさそうだと目星を付けました。



そして午後からは、お楽しみのイベントタイム!!
JAXAの施設を巡る所内見学では、なにやらものすごく貴重なものが見れたらしいですね。。。


ミッション作成が再開すると、まずはみるく先生から「生命とは何たるか」の有り難いレクチャーが。。


ここで問題が発生!!
「有人・移住」と「技術応用」の二つを目標に置いたままでは、探査すべき星が決まらない!!
ここではうまくみんなで話し合って、目標を「極限生物の技術応用」に設定し直すことができたね。



いっぱい考えるとご飯もおいしい!!二日目は念願のカレー!!
二人ともいい笑顔で食べています。。



そして夜にはまず、院生による研究内容のミニ講義!!
MUSESからはみるくちゃんがロケットについての話を楽しくしてくれたね。



そして残りの時間は地球上での生物の技術応用について調べ学習。。
MUSES班の技術応用の手掛かりは掴めたかな??

<3日目>


議論も佳境に差し掛かってきた3日目!!
昨夜の調べ学習をもとに、「放射線環境を栄養とする生物を探すこと」を技術応用の目星として決定!!


おのずと探査対象は放射線環境の厳しい「タイタン」、手法は生命を直接的に探す「サンプルリターン」に決定!!


ここからがミッションづくりの特に楽しいところです。
詳しい手法内容についてみんなで議論しました!


きみっしょん2度目のお昼ごはん。会話も増えて楽しい食事タイムになってきました!


そして食事後には、特別演習「エッグランダー」!!





みんな班を離れても活発に活動できていましたね。
ちなみに班長チャーリーは役職柄、去年も今年もエッグランダーには参加していません。。うらやましい!!


ミッション再開直後に、A先生が探査機についてプチ講義をしてくれました。
分かりやすくてとても参考になりましたね!院生も聞いていて楽しかったです。


A先生の講義をもとにミッションシーケンスを組み立てます。



そして大急ぎで中間発表のスライド作り!!
みんないい顔でスライドを作っていますね。。


そして中間発表。大勢の前での発表は緊張しましたね。。

議論してきた量や内容は十分だけど、それをまとめる時間がもっと必要というのがみんなの感想でしたね。
残りのミッション作成の時間でやることは、「ミッションの細部を詰めること」と「ミッションを分かりやすくまとめること」の二つに決定!!


ちなみに晩御飯では、パパがいねちゃんを笑わせすぎて大変でしたね。。笑

<4日目>

勝負の4日目。班長達の負けられないじゃんけん勝負から始まりました。
さすがチャーリー。勝ちすぎず、負けすぎずという難しい高校生の要求に完璧に答えて、
発表順2番という完璧な位置を勝ち取りました!!






今日はひたすら議論を詰めるのみ!!
放射線耐性の強い生物はどのような技術応用ができるのか、そもそもMUSESのミッションを宇宙で行う意味とは。。。



息抜きがてらに発表タイトルも決定!!
MUSES班のミッションは
「タイタン探査による近未来の技術革新
~極限環境の地球外生命体を求めて~」
に決定です!!





午後も必死にミッション内容を詰めました。
ロケットについて、ローバーの形状について、生命の分析の方法について.....まさに脳に汗をかくくらい考えましたね。。


そして満を持して発表資料作成!!
必要な材料はそろいました!!あとは自分たちのミッションを100%伝えることのできる資料を作るのみ!





時には迷走しながらも(?)、発表資料は何とか完成!!


発表練習をして最終発表会本番に臨みます。。



最終発表会では、たくさんの聴衆に緊張しながらも素晴らしい発表をしてくれました!
特に質疑応答は、予想して考え尽くした内容ばかりで対応もバッチリ!!
本当に素晴らしい発表でした。


そして簡単に反省会。みんなやりきったようで、疲れた表情をしていましたね。笑

満足げな班長、副班長


発表直後に大会議室で記念撮影!!みんな良い顔をしています。



その後のお疲れ様会では、発表も終わってご飯がおいしい!


会の終盤には、高校生一人ひとりから5日間の感想を述べてもらいました。


高校生らの成長にみるくちゃんも影からニッコリ。。


歓迎会後は会議室に戻ってしばしの休息。。
ぱやおはすっかり疲れた様子。笑



院生とも最後の夜を共に楽しみました。

はやぶさの細田さんにも来ていただき、一緒に写真撮影!

JAXAジャケットを着て、4日間を一緒に頑張りぬいた仲間たちと。。

<5日目>


ミッション作成も終わり、残すは報告書を作成するのみ!!
院生の指導の下、この5日間で考えてきたミッションを文章化します。


報告書が出来上がると、とうとうきみっしょん修了式。。







山村校長から1人ひとり、修了書を頂きました。


この5日間で本当に立派になりました。。



最後に4人の班長から高校生に一言ずつ。いい話でしたね。。


そして院生たちに別れを告げて淵野辺駅に戻ってきました。
きみっしょん5日間、終わってみればあっという間でしたね。。


そして各自帰りのチケットの時間もあるので、名残惜しいけど解散となりました。。


ちなみに他班に荷物を忘れた子がいたのは秘密。。

④最後に

きみっしょん5日間、こうやって思い返してみると結構いろいろなことをしていましたね。(読んでくれてありがとう。笑)

しかし、5日間あっという間だったというのが、院生も含めてほとんどの人の感想ではないでしょうか?
それは僕たち院生も高校生のみんなも、それだけ5日間必死に考えて全力で楽しんだということだと思います。

どうでしょうか?この5日間で楽しい以外の『大切なもの』やまたはその『きっかけ』が見つかったのではないでしょうか??

修了式のときも言いましたが、MUSES班の裏テーマは『宇宙ミッションがなぜ必要なのか』でした。

きみっしょんに来るまでは、ただ純粋に宇宙が好きだという子も多かったと思います。
その気持ちはいつまでも大切にしていて欲しいです。
しかし、宇宙を自分の将来として考えるときにそれだけでは乗り越えられない壁もきっとあります。

途方もない宇宙科学を研究していくうえで、自分がなぜそれを研究するのか悩んでしまうときもあるでしょう。
MUSES班のみんなには、そんなときに自分なりの「宇宙ミッションの意義」を胸に持っていて欲しいと思います。

高校生のみんなは大学受験など、そろそろ自分の将来について考えないといけない時期に差し掛かっています。
これから先はぜひ今まで育んだ『憧れ』と一緒に、宇宙開発への『信念』を持って自分の進路と向き合ってみてください。

MUSES班できみっしょんの5日間を過ごしたみなさんが、これからの宇宙開発を切り開く人物となることを願っています。

きみっしょん5日間お疲れ様でした!!

MUSES班 班長 チャーリー